お知らせ

”守口大根育成中!”

2015/12/04

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image

”守口大根”ご存知ですか?

この大根は、”宮前大根”と、呼ばれていましたが河内国守口(現在の大阪府守口市)の特産であった糟漬の原料であった事から”守口大根”と呼ばれるようになったようです。

通常の大根より細長く、直径2~3㎝ 長さは120㎝に達し長いものは180㎝以上になると

言われています。一般の大根に比べて身が締まって固い為、漬物に適し味は辛いとされて

います。

その守口大根を9月の末より シルバー人材センターの方を中心に守口東高校の生徒さん、こども園の5歳児が種をまき水やりをし、間引きをし育てています。先日シルバー人材センターの方に聞いてみると、箱の半分位まで大根が伸びていると思いますよ!と、話して下さいました。こども達も毎日様子を見に来ては成長を楽しみにしています。

1月中旬には守口大根コンテストに出る予定です。一番長く、太くなるようにそれまで大切に育てていきたいと思います。

 

 

トップ

トップ