各種書類

与薬依頼書

主治医から乳幼児に投薬された薬は
本来、保護者の方が与えるべきものです。

薬は、本来であれば保護者が登園して与えなければならないのですが、緊急でやむを得ない理由で保護者が登園できないときは、保護者と園側で話し合いの上、原則として看護師が保護者に代わって与えます。
この場合は万全を期するため「与薬依頼書」に必要事項を記載し捺印を忘れないようにして下さい。薬に添付して保育教諭に手渡していただきます(用紙は園にて配布、もしくは下記にてダウンロードしてください)。

薬は、診察した医師が処方し調剤したもの、あるいはその医師の処方によって薬局で調剤したものに限ります。保護者の個人的な判断で持参した薬は園としては対応できません。ご了承下さい。

持参する薬について

  • 1. 処方した薬には必ず「与薬依頼書」を添付し、保育教諭又は看護師に手渡して下さい。
  • 2. 使用する薬は1回ずつに分けて、当日分のみご用意下さい。
  • 3. 袋や容器に子どもの名前を記載して下さい。
  • 4. 薬剤情報(薬の説明書)も薬と同時にお持ち下さい。

※気管支拡張剤のテープ(ホクナリンテープ等)を貼って登園される場合は、気管支拡張剤のテープ確認票に記載し、保育教諭又は看護師に手渡して下さい。

※クリックするとダウンロードできます。

感染症について

欠席の場合は、長期・短期に関わらずその理由をお届け下さい。

次の病気にかかっている場合は、医師の指示を受け、他のお子さまに感染する可能性がある期間はお休み下さい。また、治って登園される場合は、「意見書」をご持参下さい(用紙は園にて配布、もしくは下記にてダウンロードして下さい)。

結核・百日咳・はしか・水ぼうそう・おたふくかぜ・疫痢・赤痢・痘そう・日本脳炎・インフルエンザ・チフス・ジフテリア・トラホーム・とびひ・りんご病・流行性結膜炎・水いぼ・感染性胃腸炎・泉熱・風しん

※クリックするとダウンロードできます。

アレルギー指示書

アレルギー対応については栄養士との相談の上、除去食・代替食を行いますのでお申し出下さい。ご希望の方は、医師による「アレルギー指示書」の提出を年2回お願いします。

※クリックするとダウンロードできます。

トップ

トップ